40代 ファンデーション 選び方
シミやシワ、くすみなどカバーしたいところが一気に出てくる40代のお肌。ファンデーションの選び方も30代までとは変わりますが、どういうものを選んだらいいのか分からない人も多いでしょう。40代のファンデーションの選び方をお伝えします。

保湿力が高いものを選ぶ

ファンデーションの選び方1つ目のポイントは、保湿力が高いものを選ぶことです。

40代を迎えると20代や30代のときの肌と比べて、角質層の水分量が低下してきます。

そして、皮脂の分泌量もどんどん少なくなり、肌が乾燥しがちに。

肌が乾燥するとたるみやシワ、くすみが出てきてしまいますし、ファンデーションのノリも悪くなってしまうのです。

40代の肌を1日中うるおわせるためには、ファンデーションに保湿成分が入っているものを選びましょうね。

UVカット機能があるものを選ぶ

ファンデーションの選び方2つ目のポイントは、UVカット機能があるものを選ぶことです。

40代の肌悩みで多いのが、シミやくすみですよね。

これらの原因は紫外線の影響が大きいため、紫外線対策は絶対に必要です!

外出する機会が多い人は、「SPF20・PA++」くらいはあったほうがいいでしょう。

冬は日差しが強くないのでUVカット機能がないファンデーションを選ぶ人も多いですが、冬でも紫外線は降り注いでいるので、必ず紫外線対策をしてくださいね。

少し暗めの色を選ぶ

ファンデーションの選び方3つ目のポイントは、少し暗めの色のものを選ぶことです。

色の選び方ってとても難しいですよね!

自分の肌より明るいものを選ぶと顔が大きく見えたり、暗すぎる色を選ぶと一気に老けて見えてしまいます。

ナチュラルに仕上げたいなら、少し暗めの色を選ぶといいですよ。

首に近いフェイスラインにファンデーションをのせて、一番肌にとけこむ色を選びましょう。

40代にとって肌のくすみは非常に気になるもの。

ピンク系の色を選ぶことで、くすみのない透明感のある肌になりますよ♪

低刺激なものを選ぶ

ファンデーションの選び方4つ目のポイントは、肌への負担が少ない低刺激性のものを選ぶことです。

40代になると肌は敏感になります。

刺激が強いファンデーションを使い続けることで、肌荒れしてしまうことも。

肌に刺激となる合成香料や石油系鉱物油、タール系色素などが配合されていないものを選ぶようにしましょう。

ファンデーションの仕上がりをよくするには?

ファンデーションをキレイに仕上げるには選び方も重要ですが、塗る前に行う2つのことも重要ですよ。

【基礎化粧品でしっかり保湿】

下地を塗る前にしっかり基礎化粧品で保湿することが大切です。

また、乳液が肌になじんでいない状態で下地を塗ると、ファンデーションの仕上がりがよくなりません。

ちゃんとハンドプレスして、乳液が肌になじんでから下地を塗るようにしましょう。

【しっかり下地を塗る】

気になるシミやシワをキレイにカバーするには、しっかり下地を塗ることが大切です。

とくに目立つほうれい線や目尻のシワ、崩れやすい小鼻などにはちゃんと塗り込んでくださいね。

40代に人気のファンデーションは、マキアレイベル!

マキアレイベルは62%が美容液成分、残りの38%がファンデーション成分で作られています。

美容液成分が乾燥しがちな40代の肌をうるおわせてくれるのです。

UVカット機能も備わっており、「SPF35/PA+++」で強力に紫外線から肌を守ってくれますよ。

また、合成香料・石油系鉱物油・タール系色素が使われていないので、敏感に傾きやすい40代の肌にとてもやさしいんです。

これで失敗しない!40代のファンデーションの選び方とは?

ファンデーションの選び方は年代によって変わってきます。

40代になっても30代と同じ選び方をしていると、シミやシワ、くすみなどをキレイに隠せませんよ。

ファンデーションを選ぶときは下記の4つのポイントを踏まえて選んでくださいね。

①保湿力が高いものを選ぶ

②UVカット機能があるものを選ぶ

③少し暗めの色を選ぶ

④低刺激なものを選ぶ