マキアレイベル 石鹸で落ちる
マキアレイベルは石鹸で落ちるのでしょうか?近年、石鹸で落とせるクレンジング不要のファンデーションがたくさん出ていますが、マキアレイベルもそうだったら楽ちんですよね。マキアレイベルは石鹸で落ちるのかどうか調べてみました。

>>マキアレイベルの詳細はこちら

石鹸で落ちるのか?

マキアレイベルが石鹸で落ちるなら、肌への負担も少なくていいですし、何より時短になって楽ですよね。

しかし、マキアレイベルは石鹸で落とせません!

ちゃんとクレンジング剤を使って落とす必要があります。

マキアレイベルはシミやシワ、くすみ、毛穴、ニキビなど気になる肌悩みをカバーしてくれるので、メイク崩れが起きにくいのが特徴。

また、SPF35・PA+++で日焼け止めも入っています。

メイク崩れが起きにくいものや日焼け止めが入っているファンデーションは、石鹸で落とすことは難しいのです。

石鹸だと肌にメイクが残ってしまいます。

メイクの落とし残しを放っておくと、シミができてしまう可能性があるのです!

肌に残ったメイク成分が酸化することで、活性酸素が生まれてメラニン色素をたくさん作ってしまいます。

加齢によりメラニン色素を代謝しきれないと、シミが沈着してしまうのです。

マキアレイベルは石鹸で落ちることはないので、シミを作らないためにもクレンジング剤を使って落とすようにしてくださいね。

どのクレンジングを使えばいいのか

石鹸で落ちることがないマキアレイベルですが、どのクレンジングがいいのでしょうか?

クレンジングにはオイルタイプやクリームタイプなど色々な種類がありますが、どれを使ったらいいか迷いますよね。

マキアレイベルを落とすのに最適なクレンジングを紹介します!

【リキッドタイプ】

水分をベースにしたクレンジングで、テクスチャーがサラサラしているのが特徴。

ヌルつきが少なく、さっぱりとした洗い上がりです。

メイクをしっかり落としてくれますよ。

【ジェルタイプ】

水性タイプと油性タイプがありますが、マキアレイベルは水性でもちゃんと落とせます。

マツエクを付けている人におすすめ。

【クリームタイプ】

敏感肌の人は肌への負担が少ない石鹸で落ちるファンデーションを愛用している人が多いですが、マキアレイベルは肌への負担が少ないクリームタイプでも十分に落とせます!

クリームタイプは油分と界面活性剤が肌への負担が少ない割合で配合されているのです。

肌にやさしい分、アイメイクなどのしっかりメイクは落ちづらいので注意してくださいね。

【バームタイプ】

洗浄力が強いのにも関わらず、肌にやさしいのが特徴。

しっかりメイクを落とせて、肌に負担がかからないものを使いたい人におすすめですよ。

オイルタイプとシート拭き取りタイプは肌への負担が大きい

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強く、肌への負担が大きいのでおすすめできません。

また、洗い上がりはかなり乾燥しやすいです。

シート拭き取りタイプは楽ちんでいいですが、肌への刺激が強く敏感肌だと肌が赤くなってしまう可能性がありますよ。

摩擦によりシミができることもあるので、おすすめできません。

ミルクタイプだと十分に落ちない

石鹸で落ちることがないマキアレイベルですが、ミルクタイプのクレンジングだと完全に落とせません。

ミルクタイプは肌への負担が少なく敏感肌でも安心して使えますが、メイクが肌に残りやすくシミができる可能性も。

カバー力のあるマキアレイベルには向きませんよ。

クレンジングを使うと、肌が乾燥する?

マキアレイベルはクレンジング剤を使う必要がありますが、クレンジングすると肌が乾燥しますよね。

乾燥するのが嫌で石鹸で落ちるファンデーションを使いたい人もいるでしょう。

しかし、マキアレイベルを使えばクレンジングしても乾燥しません!

5種類のコラーゲンや3種類のヒアルロン酸、保湿をサポートするアロエ液汁末やオリーブ葉エキス、カッコンエキスなどの美容液成分が「68種類」も配合されているのです。

メイクをしながらスキンケアできるファンデーションなので、クレンジングを使っても乾燥せずうるおいが続きますよ。

>>マキアレイベルの詳細はこちら